#contents

#BR
----
#BR

*はじめに [#hd496f24]

**LoLってどんなゲーム? [#tf2cf08f]

世界最大規模のオンラインRTSゲーム(通称MOBA)です
5v5のチーム戦で、敵の本拠地(Nexus)を破壊するのが目的です。

#netvideos("l6rrl7bOD_k",480,270);

#BR

**無料で遊べますか? [#r70ccdd2]

無料で遊べます。
ゲーム終了時に貰えるゲーム内通貨(BE)を、操作キャラクター(チャンピオン)を増やすなど使用します。

ゲーム内通貨(BE)と、課金(RP)でできること
#style(style=width:800px;class=table_left){{
|CENTER:100|CENTER:350|CENTER:350|c
|~ |~ チャンピオン購入 |~ チャンピオンの見た目変更(スキン) |h
|~ BE &be; | ○ | × |
|~ RP &rp; | ○ | ○ |
}}

#BR

**PCの推奨スペックは? [#f015a918]

相当古いパソコンでなければ問題ありません。
無料なので試しにインストールしてみましょう。

(2019/3/1:最少スペック@Windows)
#style(style=width:800px;class=table_left){{
|OS|Windows XP SP3以上|
|CPU|3 GHz processor|
|メモリー|2GB|
|ハードディスク空き容量|12GB|
}}

[[公式サポート:推奨スペックについて>https://support.riotgames.com/hc/en-us/articles/201752654-Minimum-and-Recommended-System-Requirements]]

#BR
----
#BR

*インストール/ログイン関連 [#f08521eb]

**エラーが出る時に、とりあえずやること [#f0256750]

ウイルスがいたり、環境が古いと謎のエラーを起こすことがあります。
まずはチェックしましょう。

※Windows8の人はフリーソフトなどでスタートメニューを作っている前提で記載しています。([[窓の社>http://www.forest.impress.co.jp/docs/special/20121026_568679.html]]などを参考に)

-''ウイルスチェック''
--ウイルス定義ファイルを更新して、フルスキャンしましょう。
-''Windows Update''
--「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」から最新化しましょう。
--参考:[[Microsoft−Windows Updateの手順>http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/j_musteps.aspx]]
-''各種ドライバの最新化''
--ディスプレイアダプター、マウス、ペンタブ、キーボードを最新化しましょう。
--「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「デバイス マネージャー」から、ドライバの最新化を選択します。
--参考:[[ハンゲーム−グラフィックボードドライバの更新方法>http://customer.hangame.co.jp/faq/detail.nhn?qid=2832]]
-''ツール停止''
--「ゲームの動作を安定させる」系のツールが逆に邪魔をしている場合があるので、インストールしてるなら停止する。

インストールした後であれば、ランチャー画面からリペアを選択するか
LoLをアンインストールした後に、LoLのフォルダ(通常はC:\Riot Games)を削除してから、再インストールしてみましょう。

#BR

**「Microsoft Visual C++ 2005 Runtime」のエラー [#c105a220]

 Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable Command line option syntax error.
 Type Command/? for Help

のエラーメッセージが表示して、インストールできない場合の対処方法です。

-''主な原因''
--Windowsのユーザー名が日本語(半角英数字 以外)
--インストーラーを保存したディレクトリに日本語がある (例:C:\Users\山田太郎\Desktop\新しいフォルダ)

-''対処方法''
--インストーラーを日本語が含まれない場所に保存して実行(例:C:\aaa)
--Windowsのユーザー名を変更
--Windowsのユーザーを追加して切り替える
--環境変数を変更

''※環境変数を変更する方法''
 スタートメニューから「コンピュータ」を開き、WindowsがインストールされているHDD(多くの場合は「ローカルディスク (C:)」)を開きます。
 「TEMP」という名前のフォルダが無ければ、「TEMP」という名前のフォルダを新たに作成します。
 スタートメニューから「コントロールパネル」→「システム」→「システムの詳細設定」と開きます。
 「システムのプロパティ」が開くので、「詳細設定」タブを開き、下の方にある「環境変数」ボタンをクリックします。
 「xxx のユーザー環境変数」の中から「TEMP」という変数を選び、「編集」ボタンをクリックします。
 「変数値」を「C:\TEMP」に変更して「OK」をクリックします。
 同じように、「TMP」という変数も、「変数値」を「C:\TEMP」に変更します。
 「OK」をクリックして、「環境変数」ウィンドウを閉じ、「システムのプロパティ」ウィンドウも「OK」で閉じます。
 パソコンを再起動して完了です。

''環境変数の変更を試しても、「Microsoft Visual C++ 2005 の Error1935」が出る場合''
 スタートメニュー → コントロールパネル → 管理ツール → サービス を起動
 サービスの一覧から「Windows module installer」を探す
 右クリックのプロパティから「状態:停止 スタートアップの種類:手動」へ設定する
 パソコンを再起動して、もう一度インストーラを実行する

#BR

**「CRCエラー」が出て起動できない [#ifcf9acd]

インストーラーが壊れていたと思われます。

LoLのアンインストール後に、LoLのフォルダ(通常はC:\Riot Games)を削除してから
もう一度、インストーラーをダウンロードして、再インストールしてください。

#BR

**「RADSエラー」が出てパッチを当てられない [#nb1643c9]

対処方法がいくつかあるので、上から順番に試してください。

-「.NET Framework」の最新版をインストールする。
--通常は、Windows Updateをすれば最新版がインストールされます。

-DNSサーバを変更する。
--&color(red){警告};:これを変更すると、インターネット接続に問題が発生する可能性があります。元に戻せる様に、変更前の設定をメモしておきましょう。 

 スタートメニューを開きます。
 [コントロールパネル]を開きます。
 [ネットワークとインターネット]を選択します
 [ネットワークと共有センター]を選択します
 左側のナビゲーションバーで[アダプタの設定を変更する]を選択
 右側のネットワークアダプタをクリックし、プロパティを選択します。
 インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)とオープン[プロパティ]を選択します。
 メニューの一番下に移動し、"次のDNSサーバーのアドレスを使う"に変更
 次のパブリックDNSサーバーに、それぞれの空のフィールドに1つに入れて
 8.8.8.8
 8.8.4.4
 [OK]を選択して変更を保存します

-hostsファイルの変更。
--[[参考:G4B 2015年1月11日現在発生しているRads Errorの改善方法>http://game4broke.blogspot.jp/2015/01/rads-error.html]]

#BR

**「Did not receive a response from server」と出てログインできない [#kc620cf5]

IEのセキュリティ設定を変更します。

 歯車ボタンをから、「インターネットオプション」を選択します。
 詳細設定タブのセキュリティ群にある「サーバーの証明書失効を確認する」のチェックを外します。
 合わせて、すぐ上にある「SSL ○○を使用」と、「TLS ○○を使用」のチェックを入れます。

[[参考:Bug: "Did not receive a response from server">http://na.leagueoflegends.com/board/showthread.php?t=3280106]]

#BR

**「The login server did not respnd」と出てログインできない/PVP.net serverに繋がらずログインできない [#safd6fc0]

対処方法がいくつかあるので、上から順番に試してください。

-パソコンの時計が大きくズレがある場合に接続出来ない事があるので、同期しましょう。

-Windows Updatをしましょう。

-ファイアウォールやアンチウィルスソフトが接続をブロックしている場合があるので、LOLを例外にしましょう。
--例外にするファイル
---「C:\Riot Games\League of Legends\lol.launcher.exe」
---「C:\Riot Games\League of Legends\RADS\projects\lol_air_client\releases\0.0.1.129\deploy\LolClient.exe」

-ポートを解放しましょう。

 5000 - 5500 UDP (League of Legends Game Client)
 8393 - 8400 TCP (Patcher and Maestro)
 2099 TCP (PVP.Net)
 5223 TCP (PVP.Net)
 5222 TCP (PVP.Net)
 80 TCP (HTTP Connections)
 443 TCP (HTTPS Connections)
 8088 UDP and TCP (Spectator Mode)

[[公式サポート:接続について>https://support.riotgames.com/hc/en-us/articles/201752664-Troubleshooting-Connection-Issues#wq2]]

#BR

**「Runtime Error R6025」が出る [#sbcc4291]

おもにWindows7で発生しており原因は運営調査中ですが、いくつかの改善策が以下の様に示されています。

   ・LoLクライアントの互換性オプションのチェックを外してから起動。(アイコン右クリック→プロパティ→互換性)
   ・\Riot Games\League of Legendsにあるlol.launcher.adminから起動。
   ・Adobe AIRを更新してしてください。http://get.adobe.com/air/
   ・\League of Legends\RADS\solutions\lol_game_client_sln\releases\deployにある.exeファイルを探して起動。
   ・もしフルファイルパスを理解出来るのなら(?)問題のあるファイルをバックアップし、ゲームフォルダから削除。次にrepairを使用してください。(パッチ画面の右上にある歯車ボタンから使用可能)
原文:http://na.leagueoflegends.com/board/showthread.php?t=1327567

   1.C:\Riot Games\League of Legends\RADS\solutions\lol_game_client_sln\releases\[最新パッチ]\deploy\DATA\CFGへ移動します
   2.game.cfgをメモ帳などで開きます
   3.最後の行に以下を追加します
   [Performance]
   PerformanceTestScore=200
   4.上書き保存します

   あるいは以下のファイルをDLし前述のフォルダにコピーします
   http://support.leagueoflegends.com/attachments/token/nyy2mewwufrktdg/?name=game.cfg

原文:http://support.leagueoflegends.com/entries/20532571-r6025-c-runtime-pure-virtual-function-call

その他
-.NET Frameworkを最新版にしてください。
-アンインストール後、LOLフォルダやTempフォルダにゴミデータが残ってないか確認し新しくDLしなおしたクライアントで再インストール。
-LOLのインストール先をデフォルト(C:\Riot Games\League of Legends)から変えてみる。 ※2byte文字を含む階層にはインストールしないでください

#BR

**LoLの最新化が33%から動かなくて終わらない。 [#if9ee82e]

%は止まっていますが、ファイルのスキャン数は動いているはずです。
基本的には何もせずに待っていれば、ちゃんと終わるので、画面を閉じないようにしましょう。

#BR

**最新化する画面がおかしくなってて、ボタンを押せない。 [#g1442823]

抽象的な説明であれですが、文字サイズを拡大していると画面がおかしくなることがあります。

対処方法
 スタートメニュー → コントロールパネル → ディスプレイを開く
 文字サイズを100%にする

#BR

**LOL導入後ネットが重い(Pando Media Booster) [#k88ca7b1]

LoLをインストールすると、同時にインストールされる「Pando Media Booster」をアンインストールしましょう。

※2015/2/13現在、Pando Media Boosterはインストールされなくなりました。

#BR
----
#BR


*不具合 [#s8953ad2]


** ゲームが頻繁に強制終了や再接続で落ちるんよ [#be0ca8a7]

・chromeやfirefoxなどのブラウザのGPU(ハードウェアアクセラレーション)を使うの設定をオフにする
・Avast!などのセキュリティやmactype等の描写ソフトを使用しているなら、LoL系のプログラムを全て除外設定にする。ゲーム起動中じゃないとプロセス一覧に現れないプログラムもあるので注意
 League of Legends.exe
 LeagueClient.exe
 LeagueClientUx.exe
 LeagueClientUxRender.exe
・描画関係やGPU周りのソフトやドライバが怪しいので更新したら改善するかも?

#BR

**「DirectXエラー」が出て、プレイできない [#def83b35]

 LoLを終了します
 「C:\Riot Games\League of Legends\Config」の「game.cfg、input.txt」を削除します。
 「C:\Riot Games\League of Legends\RADS\projects\lol_game_client」フォルダを削除します。
 「C:\Riot Games\League of Legends\RADS\projects\lol_game_client_en_us」フォルダを削除します。
 LoLを起動して、右上にある?ボタンをクリックしてリペア実行します。

#BR

**pingが400とかかなり高い/ラグくてプレイ出来ない! [#uedbe33a]

急に重くなるのが水曜日〜木曜日であれば、Windows Updateが動いていないか確認してみましょう。

''Ping対策方法をまとめました →[[小ネタ・小技/ping対策らしきなにか]]''

#BR

**「Failed to create dump file error 183」エラーが頻繁に出る [#s189218f]

LoLのリペア(または再インストール)をしても改善されないようであれば
グラボのドライバ(Nvidia)が原因かもしれません。(LoLとNvidiaの相性はあまりよくないようです)

※LoLをXPの互換モード+管理者権限で実行したら改善するという噂もあります。

#BR

**チャットに繋がらない/カスタムゲームが出来ない/試合後接続が切れる/マッチングが始まらない [#q65d2a81]

ポート解放とファイアーウォールなどの例外設定をしましょう。

 5000 - 5500 UDP (League of Legends Game Client)
 8393 - 8400 TCP (Patcher and Maestro)
 2099 TCP (PVP.Net)
 5223 TCP (PVP.Net)
 5222 TCP (PVP.Net)
 80 TCP (HTTP Connections)
 443 TCP (HTTPS Connections)
 8088 UDP and TCP (Spectator Mode)

#BR

**開始数秒後に画面が固まる(mac) [#o9bdb5d4]

ネットワーク構成を変更する事で解決することがあります。
&color(red){警告};:これを変更すると、インターネット接続に問題が発生する可能性があります。元に戻せる様に、変更前の設定をメモしておきましょう。 

 [アプリケーション]を開きます。
 [システム環境設定]を開きます。
 [ネットワーク]を開きます。
 使用しているネットワークの[詳細]を開きます。
 [DNS]のタブを開きます。
 DNSサーバの内容を[-]ボタンで全て削除してから、下記のDNSサーバーアドレスをそれぞれ打ち込みます。(google public DNS)
 8.8.8.8
 8.8.4.4
 [OK]を選択して子画面を閉じます。
 [適用]を選択して変更を保存します。

#BR

**Tab押してもスコアボードが出てこない! [#ld75aee8]

何かの拍子にスコアボードが画面外に移動してしまう事があるようです。
ESCキー押す→Interface開く→OKで出てきます。

#BR

**Minionの攻撃がビームみたいになってる [#ic11833d]

バグなので、一旦、LoLを終了して再接続するか
オプション(Escキー) → Video → Frame Rate CapをBenchmark等に変更すると改善する事があります。

#BR

**HUDスケールを変更しても保存されない [#t2a878fc]

 C:\Riot Games\League of Legends\RADS\solutions\lol_game_client_sln\releases\0.0.0.170\deploy\DATA\を開く
 「menu」というフォルダがあるか確認しあれば削除する。
 新たに「menu」フォルダを作成し、その中に「hud」という名前のフォルダを作る
 LoLを起動しカスタムゲーム等でHUDを好きなように設定し、LoLを再起動。

これでhudフォルダに設定ファイルが生成されていれば保存されるようになるようになります。

#BR

**ゲーム中にチャットが打てない [#kfaa9e49]

アルファベットのみ入力可能です。(日本語は日本鯖でのみOK)
Enterでチャットを開き、半角/全角キー(Alt+半角/全角も試してみて)で切り替え。

#BR

**その他 [#n56e406c]

[[小ネタ・小技/既知の不具合]]も見てください。

#BR
----
#BR

*環境・設定 [#fcc9f080]

** Item Setのバックアップ方法 [#if6b69a6]

アイテムセットはパソコンに保存されているため、LoLを再インストールすると消えてしまいます。
アイテムセットをバックアップする方法を説明します。

参考:https://support.leagueoflegends.com/entries/21743560-Getting-Started-with-Item-Sets-#backing

-Windowsの場合
1. スタート  > マイコンピュータ とクリックする。
2. ローカルディスク (C:) をクリックする。
3. Riot Gamesのフォルダをクリックする。
4. League of Legends  >  RADS  >  projects  >  lol_air_client  >  releases とクリックしていく。
5. 最も大きな数字が後ろについたフォルダを開く。(図の例の中では、28、29、55の三つのフォルダがある。55がついたフォルダがこの図の状況では求められる選択である。)
6. deployのフォルダをクリックする。
7. preferencesのフォルダをクリックする。
8. 自分のサモナーネームのついたpropertiesファイルを探し出す。(図の例の中では、我々の探すサモナーネームは「nancymon」である。我々がバックアップしたいファイルはnancymon.propertiesとなる。)
9. そのファイルを覚えておきやすい場所にコピー&ペーストする。
(この先はRepairをした際に戻す手順)
10. ランチャーのRepairをいつもの通りに起動する。
11. Repairが終わったら、Computer  >  Local Disk (C:)  >  Riot Games  >  League of Legends  >  RADS  >  projects  >  lol_air_client  >  releases と開いていく。releasesのフォルダの中の、新たな最も大きな数字がついたフォルダを開ける。deployフォルダを開け、そして今一度preferencesフォルダを開ける。
12. そのフォルダの中に、先ほどコピーしておいたファイルをペーストする。これにより、Repairによって失われた可能性のあるユーザー設定を保存する事が出来るだろう。

-Macの場合
1. フォルダ を起動する。
2. アプリケーション フォルダを開く。
3. League of LegendsのアプリケーションをControlキーを押しながらクリック(あるいは右クリック)する。パッケージの内容を表示 をクリックする。
4. Contents  >  LOL  >  RADS  >  projects  >  lol_air_client  >  releases とクリックして行く。
5. releasesフォルダの中で、最も大きな数字が後ろについたフォルダを開く。(例えば、0.0.0.55、0.0.0.28、0.0.0.68があった場合は、68で終わるファイルをクリックする必要がある。常に最も大きな数字で終わるフォルダを選ぶ事。)
6. deploy フォルダをクリックする。
7. bin フォルダをクリックする。
8. preferences フォルダをクリックする。
9. 自分のサモナーネームのついたpropertiesファイルを探し出す。(図の例の中では、我々の探すサモナーネームは「nancymon」である。我々がバックアップしたいファイルはnancymon.propertiesとなる。)
10. そのファイルを覚えておきやすい場所にコピー&ペーストする。
(この先はRepairをした際に戻す手順)
11. ランチャーのRepairをいつもの通りに起動する。
12. Repairが終わったら、Applications  >  League of Legends  >  Contents  >  LOL  >  RADS  >  projects  >  lol_air_client  >  releases と開いていく。releasesのフォルダの中の、新たな最も大きな数字がついたフォルダを開ける。deployフォルダを開け、binフォルダを開け、そして今一度preferencesフォルダを開ける。
13. そのフォルダの中に、先ほどコピーしておいたファイルをペーストする。これにより、Repairによって失われた可能性のあるユーザー設定を保存する事が出来るだろう。

#BR

**オプションの設定項目が良くわからない [#md0bb5e0]

このサイトが詳しいので参照してください。
[[Fukkin Aliens LoL wiki LoLのゲーム設定>http://www34.atwiki.jp/fukkinaliens/pages/40.html]]

一部を抜粋して説明します。

- Hotkeys(キーバインドの設定)
-- Primary Hotkeys: スキル、アイテム、サモナースペルのキー設定。ボタンの下側の矢印ボタンで通常/スマートキャストを簡単に切り替えられる。
-- Additional Hotkeys: その他のキー設定。
-- Show range indicators when Quickcasting: スマートキャスト使用時、キーを押しっぱなしにするとスキルの射程距離が表示され、離すとカーソルの位置に発射されるようになる。いずれかの地点を右クリックするとリセット。

- Video
当然だが全ての設定は高くするほどPCに負荷がかかるので、動作が重い人は調整が必要。
EnvironmentとShadowは特に負荷が高いので、重い場合はこの2つから下げてみると良い。
特定のスキルを使った場合に極端に重くなるなら、Effectを下げると効果的。
-- Resolution: 解像度を変更。4:3と16:10等、アスペクト比が変わると視野の広さも変わるが、同じアスペクト比なら解像度が違っていても視野の広さは同じ。
&ref(letter.jpg);&ref(wide.jpg);
-- Windowed Mode: フルスクリーンかウィンドウモードかの選択。Borderlessはウィンドウの枠を非表示にした状態のウィンドウモード。
-- ColorBlind Mode: 色覚異常者のためのモードで、緑と紫を基本とした色分けが、青と赤を基本とした色分けに変わる。正常色覚でもこちらの方が見やすい人もいるだろう、好きなほうを選ぼう。

-- Character Quality: チャンピオンやMinionをどの程度詳細に描画するかを選択。下げるとテクスチャの解像度が落ち、コマ数も減る。Low以下に設定するとキャラクターの縁取り線が消えるので、どうしても嫌いな人は下げる。
&ref(character.jpg);
-- Environment Quality: 地形をどの程度詳細に描画するかを選択。設定を下げると画面が味気なくなるが、視認性が上がるので戦況が把握しやすくなる。
&ref(environment.jpg);
-- Effects Quality: スキルなどのエフェクトをどの程度詳細に描画するかを選択。Very LowだとEzrealのQなど一部スキルがかなり見難くなるので最低でもLow推奨。
-- Anti-Aliasing: アンチエイリアスの有無。Onにするとオブジェクトの輪郭が滑らかになるが、かなり重くなる模様。
-- Frame Rate Cap: 最大FPS(FramePerSecond/1秒間に画面を書き換える回数)を設定する。60FPSもあれば快適に遊べるので、LoL起動中にPCがうるさくなる人は設定しておこう。
-- wait for Vertical Sync: モニタのリフレッシュレートと描画の同期を取り、ティアリングを抑える。Onにすると操作に大きなラグが発生するので、画質に強いこだわりのある人以外はOff推奨。

- Interface
-- HUD Scale: 文字通りHUDの大きさを変更できる。小さくするほど視界を確保できるが、小さくしすぎると当然見えなくなる。HUDの最大(デフォルト)サイズは解像度によって微妙に変わる。
&ref(hudscale.jpg);
-- Show Loss of Control UI: CCなどを受けたチャンピオンのHealthバーの下側に出るCCタイマーの表示の有無。但しスローのみ表示されない。
-- Show Slows in Loss of Control UI: ↑に追加してスローを受けた場合でもCCタイマーを表示させる。
-- Enable HUD animation: Health/Manaのバーなど、HUDの一部をアニメーションにする。特に意味は無いのでOff推奨。
-- Screen flash on damage: 自分のチャンピオンがダメージを受けたとき、画面が赤くフラッシュする。マップの他の場所を見ていても危険がわかるので便利だが、画面がチカチカするのがうっとおしい人はOffにしておく。
-- Screen flash on loss of control: 自分のチャンピオンがCCを受けたとき、画面が白くフラッシュする。
-- Show New Player Tooltips: 初心者用の解説が出る。Off推奨。
-- Show Target Frame on attack: 敵タワー及び敵チャンピオンを攻撃時、画面左上に表示されるステータス欄が更新される。攻撃の度に切り替わるため、左上のステータスに特定のユニットのステータスを表示させたい場合はOff推奨。
-- Enable line missile display: 方向指定型スキルの射程距離を、矢印で表示するか円形に表示するかを選択できる。
&ref(missiledisplay.jpg);
-- Show Attack Range: Attack Move(デフォルトではXキー)などを使用する際にチャンピオンの通常攻撃のRangeを表示させるか。
-- Ability Cooldown Display: スキルのクールダウンの表示方式を「秒」「分:秒」「1分以上の場合秒を切り捨てて分表示」「タイマー非表示」から選択できる。
&ref(cdtimer.jpg);
-- Show Neutral Camps: 中立クリープのアイコンをミニマップに表示させる。余程の事が無い限りはOn推奨。
-- Show Minimap on left: ミニマップを左右どちらに表示するのかを選択。他のRTS等で左下Minimapに慣れている人は変更しておくと良い。
-- Allow Minimap Movement: ミニマップ上で右クリックした際に移動するかの有無。
-- Show timestamps: チャット欄の発言の頭に、その発言が行われた時間が試合の経過時間で表示されるようになる。
-- Show [All] Chat (Matched Games): 敵チームが発言したAllチャットが見えるようになる。
-- Combat Text: 各種テキストの表示の有無。デフォルトで問題ないが好みで設定しよう。

- Game
-- Mouse speed: マウスの移動速度。
-- Camera move speed: 画面の移動速度。
-- Move camera on revive: 自チャンピオンが死亡後にリスポーンした際、カメラを自チャンピオンの元まで自動的に移動させる。このオプションは2018年9月時点ではバグで機能していない。
-- Enable smooth camera: カメラの移動をスムーズにする。
-- Auto attack: 近くの敵ユニットを自動的にオートアタックするようになる。
-- Use Movement Prediction: 命令を先読みで実行し、擬似的にラグを改善する。好みがあるのでOn/Offを一度試してみると良い。Onだと操作のレスポンスが上がる代わりに、ヒットボックスが多少ずれる。
-- Show turret range indicators(Coop vs AI only): Custom Game及びCoop vs AIで敵タワーに近づいた際、敵タワーの射程距離を表示する。Coop vs AI onlyとあるがCustom Gameでも有効。

#BR

**自分のHealthバーを黄色にするには? [#lb06dce3]

上記オプションの設定項目にある「ColorBlind Mode」をオンにすればOK。

#BR

**OpenGLでプレイしたい [#lb06dce2]

Riot Games\League of Legends\Config\game.cfgを編集
[General]セクションにx3d_platform=1を追加
DirectX向けのグラフィックスカードではfpsが低くなるので注意

#BR
----
#BR

*ゲーム内容について [#gbcf9932]

**射程距離・Units・Teemo? [#e4a5fc73]
 スキル射程や距離の単位は「Units」。
 なお100Unitsでティーモ一匹分の当たり判定(直径)である。
 つまり100Units=1Teemo。(公式コメントでもこの様に表現される場合もあるぞ!)



**Pick画面でDodgeしたら警告画面が出てきた! [#ae502ebc]

Pick画面でDodge(LoLを終了させて、Pick画面を強制的に中断する)すると
ペナルティとして一定時間そのゲームにマッチングできなくなります。
同じゲームモードでペナルティが解除されてから16時間以内に複数回Dodgeすると、ペナルティは増加していきます。
ペナルティの時間は以下の通り。

#style(class=table_left){{
||CENTER:|CENTER:|CENTER:| |c
|~ |~ Dodge1回目 |~ 2回目 |~ それ以降 |h
|~ Custom|>| 制限無し | |
|~ Coop | 5分30秒 | | |
|~ Normal | 5分30秒 | 15分 | 30分 |
|~ Normal(ARAM) | 15分 | 30分 | 60分 |
|~ Ranked Solo/Duo | 5分30秒(-3LP) | 30分(-10LP) | 30分(-10LP) |
|~ Ranked Teams | 1分(-10LP) | 60分(-10LP) | 60分(-10LP) |
}}

Rankedの場合は更にLeague Pointを失うペナルティも存在します。
Ranked Teamsのペナルティは一緒にいたチーム全員にかかります。



#BR

**敵にスタンなどの状態異常が使えるチャンピオンが多くて勝てない [#f0caa36c]

状態異常を解除するアイテムを揃えて対抗しましょう。

- &i_mercurystreads; Mercury's Treads等のUNIQUE Passive「Tenacity」を持つアイテム(Debuffの効果時間35%カット)
- &i_quicksilversash; Quick Silver sash(任意でDebuff除去)
- &i_bansheesveil; Banshee's Veil(スキルを1回防御)
- &i_edgeofnight; Edge of Night(Active使用後スキルを1回防御)

スタン持ちが2人以上居る場合はTenacityでスタン時間でも減らさないとやってられません。
自身がMeleeの場合、逃げながらスタンやスロー等を使う敵を追いやすくなるのでかなりオススメです。
サモナースペルの&s_cleanse; Cleanseも持っておけば上記アイテムあわせて3回は状態異常回避できるので十分対抗できるはず。

#BR

**敵を倒した時に時々出るAceって何? [#i055269a]

敵チームで唯一生き残っているチャンピオンにとどめを刺すと表示されます。それだけです。

#BR
----
#BR



*スキン [#j62c0600]

**ヘクステックボックス・スキンのかけら・イベントトークン等で貰えるスキンの扱いは? [#o429eed0]
・そのキャラが居ない場合、有効化・交換できるが使用は出来ない。
・クロマスキンは元スキンがないと同様に使用出来ない。
・プレステージスキンは元のスキンとは別種扱いなので、キャラ持っていればスキン選択して使える。
 (キャラ毎貰えるわけではない)
・クロマに関わらずヘクステックで出たスキンも元キャラが居ないと解放できるが使用不可。
・元キャラ・元スキンを入手すれば使用可能になるという事。

#BR
----
#BR



*課金 [#r558c293]

**クレジットカード持なくてもRP買える? [#l1cf6b92]


現在日本鯖では他の多くのオンラインゲームと同様、
携帯電話決済(SoftBank・Docomo・au)と
プリペイドカード(WebMoney・NETCASH・Bitcash)が利用出来ます。



※以下日本鯖導入前のVプリカについての情報

[[Vプリカ>http://vpc.lifecard.co.jp/]]を利用した購入が可能です。
購入方法は、[[このサイト>http://oni564-lol.seesaa.net/article/299781972.html]]を参考にしてください。

購入できない時、下の3つが原因のことがあります。
-入力ミスがある。(焦らず確認)
-金額が足りない。(手数料がかかるため、少し多めに必要)
-郵便番号は5ケタ。(00000でもOK)


Vプリカのほかにも、Paypalで支払可能です。Paypalへのチャージも基本的にクレジットカードが必要ですが、
割高でもよければ銀行振り込みやWebmoneyでPaypalのチャージを購入できる代行業者があります。「Paypal 販売」で検索してみて下さい。
(PlayAsiaでlolのRPカードが売ってるのでMoneybookersを使って振り込めば代行よりかは安い)
ネット銀行などで取り扱っているワンタイムデビットサービスでも購入できます。

#BR

**なんで支払い方法ごとに得られるRPが違うの? [#o714eb83]

[[支払い方法を管理している会社によって手数料が違ってくるため>http://support.leagueoflegends.com/entries/307709]]だそうです。

#BR

**ストアで購入したものを返品する事はできないの? [#ied98d37]

''1つのアカウントで3回限り、返品する事が可能です。''
ストアのメニューの一番下の「Purchases」を選択すると、90日以内に購入した商品の一覧が出てくるので、右側の「Refund」をクリックで返品完了。
購入してから90日以上経っている物や、ルーンページ等一部の商品は返品できません。また、skinを購入したchampも返品できません。
3回返品するともうそのアカウントでは返品出来なくなるので、慎重に選びましょう。

#BR

**ストアでポイントだけ消費されて買った物が手に入らなかったんだけど [#g6799b00]

反映するまでに時間がかかることがあります。
普通30分以内に反映されますが、メンテナンス直後などは反映が遅れることが多いです。

反映しない場合は、「support@riotgames.com」へメールで問い合わせます。(ただしメールは英語で記載)
メールには、商品の決済ID(Transaction ID)と、購入したけど反映しないということを記載しましょう。
Transaction IDはストア内の”My Account”の中で見ることができます。

#BR

**Riot Point(RP)っていくら? [#g0d2132d]

#style(style=width:800px;class=table_left){{
|RP|650 &rp;|1300 &rp;|2600 &rp;|4550 &rp;|6500 &rp;|13000 &rp;|
|価格|$5.00|$10.00|$20.00|$35.00|$50.00|$100|
}}
$5分購入時:$1=130RP
$50分購入時:$1=144RP(約1割引=約$5分お得)

$1=130RPで計算した場合の実質的な価格は以下の通り。
#style(style=width:800px;class=table_left){{
|RP|260 &rp;|390 &rp;|520 &rp;|585 &rp;|975 &rp;|1820 &rp;|
|$換算|$2.0|$3.0|$4.0|$4.5|$7.50|$14.00|
}}

#BR

**Paypalが利用できない際の対処方法 [#l8420744]

RP購入画面からPaypalへのログイン後tab→tab→spaceと押す。

#BR

**Paypal利用時に「You have encountered an Error, please try again later」と表示される [#j07c08cf]

[[http://support.leagueoflegends.com/entries/258623-display-errors-with-paypal-purchases]]
+ Windowsのインターネットオプションを初期化する (IE6以上がインストールされている場合)
++ League of Legendsを終了する
++ スタートメニューを開く
++ コントロールパネルを開く
++ 「インターネットオプション」を開く
++ 「詳細設定」タブを開く
++ 「リセット」ボタンを押し、新しく開いたウィンドウで更に「リセット」ボタンを押す
+ Internet Explorerの互換性設定を設定する (IE8以上がインストールされている場合)
++ Internet Explorerを開く
++ メニューバーから「ツール」を開く
++ 「互換表示設定」を選ぶ
++ 「追加するWebサイト」の欄に「paypal.com」と入力し「追加」ボタンを押す
+ IPアドレスを再取得する
++ スタートメニューを開き「ファイル名を指定して実行」または検索バーに「cmd」と入力し、Enterキーを押す
++ コマンドプロンプトが開くので「ipconfig /release」と入力し、Enterキーを押す
++ IPが0.0.0.0にリセットされるので、その後「ipconfig /renew」と入力し、Enterキーを押す
+ PCを再起動する
+ League of Legendsを起動し、paypalの利用を再度試してみる
+ それでも利用できない場合、Windowsの設定に問題がある可能性があるので、[[Windowsのトラブルシューティング:http://support.leagueoflegends.com/entries/234288-windows-settings-troubleshooting]]を試してみるとよい

#BR
----
#BR

*サモナープロフィール [#oddf83dd]

**Rerollsって何? [#fcec46b4]

ARAM(The Howling Abyss)で使用する為の機能です。
[[Map/Howling Abyss#Rerolls]]

#BR

**Honorって何?どうやって使うの? [#q6cdf7d0]

他人を評価する為のシステムです。Custom Game以外での試合終了後、良い印象のプレイヤーを評価する事が出来ます。
評価するには試合終了時のリザルト画面で、右上のサモナーネームの左側にある緑色のアイコンをクリックし、
どんな働きをしたかを4通りの評価する事が可能です。
プロフィールの真ん中に評価の総ポイント数が表示されます。

評価内容はそれぞれ
「味方に対して」
・Friendly(チャット等で友好的に接してくれた、激励してくれた、試合を楽しませてくれたプレイヤーに対して)
・Helpful(参考になる情報やアドバイスをくれたプレイヤーに対して)
・Teamwork(チームのために貢献してくれたプレイヤーに対して)
「対戦相手に対して」
・Honorable(勝って驕らないなど、敵ながらあっぱれなスポーツマンシップを体現したプレイヤーに対して)

となっています。尚、溜まったHonorポイントの用途はまだ未定です。
ちなみに、Honorが一定量溜まると次回ログイン時にリボンが付与されます。
リボンはChampionピック時・ロード画面に表示され、リボンの色は貰ったHonorの種類で変化します。
Honorable Opponent=赤、Teamwork=黄、 Friendly=緑、Helpful=青

また、Honorを送れる数には上限があります。(あと何回送れるかは分からない)
1試合終わる毎に2つ増えていき、Honorを送らなければどんどん加算されて増えていきます。

#BR
----
#BR

*コメント [#df822851]

#pcomment_nospam(コメント/初心者向け/FAQ,20)