Top > 初心者向け > LoL PvP講座集 > 第四回

初心者向け/LoL PvP講座集


.ぅ鵐肇蹈瀬ション

poppy「今回も講師を務める、ポッピーだ。みんなも、そろそろサモナーレベルが上がってきただろうか。
今回の『ジャングラーとは?』においては、みんなにちょっとした下準備をしてもらうぞ」

番外編『ルーンとマスタリーをマスターしよう』を読んで、ルーンとマスタリーを作ってきてください。
おすすめは、ティア2の攻撃力の印攻撃速度の紋物理防御の章攻撃速度の神髄です。
なくてもどうにかなりますが、ルーンを揃えていない頃、森の蛙にソロキルされて慰められた事がある人多数。
餌になりたくなければ揃えておきましょう。

poppy「これで準備は終わりだ。次はJGの中身の解説に移ろう……先に言っておくが、今回は結構長めだぞ」

▲好泪ぅ&JGアイテム

チャンプは必ず、フラッシュやらヒールやら、二つのサモナースペルを持っています。
ですが、ジャングラーは『スマイト』に枠を一つ使います。
このスペルを所持する事で、350円(税込)のハンターマチェットハンタータリスマンから派生する、ジャングルアイテムを買えるのです!

poppy「一応、マチェットやタリスマン抜きでもジャングルは出来る。
だが、このアイテムは追加の経験値をもたらし、Lvを早く上げてくれるんだ。凄いだろう?
ま、先にスマイトを説明しようか」

◇スマイト
中立モンスターに大ダメージを与え、自分の体力を回復するスペル。
一回使ってみれば、その回復量に驚くはずです。JGアイテムを進化させれば、チャンプにも撃ちこむ事が可能。
ただ、回復効果はモンスターに使ったとき限定です。
クールダウンが地味に長いので、クールダウン短縮のマスタリー、不撓不屈の『ひらめき』があると安心ですね。

poppy「ズガン! という音がなかなか爽快だ。私も使ってみたいなぁ。昔は使った事があるんだが……まぁいい」

◇JGアイテム
全3段階で進化する、JG専用アイテム。とりあえず持っておくと、狩りがすごく安定します。
瀕死で狩りを始めて逆に体力回復するくらい安定します。

第一段階

ハンターマチェット→モンスターを殴ると、与えたダメージの1割を吸い取る

ハンタータリスマン→森の中でのMN回復が早くなり、敵の体力を少し吸い取るようになる。

第二段階

トラッカーナイフ→第一段階に加え、一定時間ごとに『ステルスワード』を設置できるようになります。
主に1対1が弱い、相手が序盤強いので戦いたくないなど敵のジャングラーから逃げ回らなくてはならない場合向け。
また、一部チャンプは特別の事情により必携です。
スキルで、ワードにむかってジャンプするチャンプは特に相性Good。
例→ jax leesin

ストーカーブレード→第一段階に加え、スマイトが『チル・スマイト』に変化。
相手に直接ダメージを与え、一定時間スローにし、自分は加速します。
遠距離でのCCに乏しい、または当てにくいが当てれば相手を捕まえることができるスキルを持つチャンピオン向け。
例→ Elise gragas

スカーミッシュセイバー→第一段階に加え、スマイトが『チャレンジ・スマイト』に変化。
ノーダメージですが、相手の攻撃力を下げ、こちらの通常攻撃にDoTを付与します。
(DoT→ダメージ・オーバー・タイム。X秒かけてYダメージを与える。代表→ブランド)
通常攻撃を一発でも当てればストーカーブレードよりもダメージが出るので、主に接近手段を自前で持っているチャンピオン向け。
例→ masteryi Kindred

第三段階

4種類のエンチャントを自由に付与できます。
1.エンチャント・ウォーリアー
攻撃力アップ クールダウン10%カット

2.エンチャント・ブラッドレイザー
攻撃速度アップ&防御貫通体力割合追加ダメージ

3.エンチャント・シンダーハルク
体力アップ&疑似サンファイアケープ

4.エンチャント・ルーンエコー
魔力アップ&疑似ルーデンエコー

poppy「ここまで作れば、ほかのアイテムと遜色のない火力が出るし、狩りもぐっとになるぞ!」

ジャングラーのお仕事

JGのお仕事は大別して三つです。

1.経験値稼ぎのファーム

第二回にて紹介した中立モンスターと戦い、経験値をとお金を稼ぎます。
いかに早く、効率的に稼ぐかがJGの腕の見せ所です。
ここで大事になるのが、大抵のチャンプは1vs1では赤バフ一匹倒せないほど弱いということです。
ゲーム開始直後は、チャットやPINGで、最初にどのモンスターを倒すか仲間に伝え、少し手伝ってもらいましょう。
その後は、出来るだけファームに時間をかけないよう、BOT→TOPからギャンク、あるいはTOP→BOTでギャンクなど、時短を徹底するのが大切です。
poppy「テクニックとして、相手の森に侵入して経験値を奪う、というものもある。だが、それをするとむしろ自分の狩りが遅れるので、忘れてくれ

2.キルを求めてギャンク

ちょっかいかければ殺せそうなところにふらりと赴き、茂みとかから2vs1や3vs2を仕掛けて、チームのキルを増やしていきます。
BOTやTOPのギャンクは、味方に下がってもらって川沿いの茂みに潜むか、押し込んでもらって道端の茂みに潜むかの二択です。通称楽屋入り
MIDは……逃げ道多いので、いかに入るかより、いかに捕まえるかが大事です。
ここで大切なのは、固執しないこと。ワードで奇襲を察知されたのなら、たいてい仕掛けるだけ無駄です。おとなしく帰って、ほかのレーンにあいさつするほうが建設的ですね。
(ただしタワーダイブは除く)
poppy「因みに、ギャンクの目的は有利をつくることであって、別にキルに失敗しても気に病む必要はないぞ。敵のフラッシュ落としたとかはグッジョブだ」

3.有利のためのモンスター取得

相手jgが遠くに見えたり、ボットレーンでキルを獲ったりしたら、後々のためにドラゴンをとって、有利になりましょう。
また、ドラゴンをできるだけフリーでとらせないよう、コントロールワード(75円)をおいて、もし相手がドラゴン狩りを始めたら奇襲できるよう準備しましょう。バロンも同様です
ただ、できるだけコントロールワードは敵陣にぶっ刺しておきたいので、チャットで味方に
「××にワードお願い」
とお願いするのもありです。というかそうしましょう
poppy「コントロールワードを置くことができるのは一人一本だ。五人なら五本も置ける。有効活用するべきだぞ!」

これらは(特に2)経験則でしかわからない事が多いので、ぜひプロい人の動画を見てみましょう。『かっこいい!』と、思わず言ってしまうかも。

ぅャンク系とキャリー系

450円のamumumasteryiで説明しましょう。
さっくりいうと、『そのチャンプの得意分野』です。

amumuは、火力は決して高くありません。タンク系なので、火力が出ません
その分、Qの飛びつきスタンやRの攻撃封印など、強烈なギャンク・CC性能を持ちます。

逆にmasteryiは、まったくギャンク性能がありません。まったくです。一ミリもありません
ですが、装備を揃えた後ならQとRの追撃性能で、敵全員を切り殺すことも可能です。

ギャンク系代表格の皆さん→Vi rammus xinzhao
キャリー系代表格の皆さん→Graves Shyvana Kindred

どちらが優れているか、というよりは『どちらがあなたの性にあうか』ですね。
序盤から試合を組み立てていけるギャンク系。
後半に向けて力を蓄えていくキャリー系。
無論、ギャンク系だから後半さぼるとか、キャリー系だからギャンクしないとか、そんなことは不可能というかやったら負けます
チャンプごとに、勝つための方程式は異なる、というわけですね。
poppy「ちなみに私の方程式は、ガントレットと防御アイテム完成まで無理をしないこと。完成したら、CCで敵前衛に圧力を与えていくこと。
チャンプごとに異なるから、どこかでまとめようかな……」

コ个┐動多乾妊鵐献磧璽▲ション

以下は、ついやりそうになるけど、やってしまうと「あなたのチャンピオンが倒されました」となったり「味方が倒されました」となったりする行為です。
よければ目を通してください。

1.味方の協力なしで最初の狩り
まぁ死にます。ピエロ以外は大抵死にます。一見大丈夫でも(いろんな意味で)最終的に死にます。

2.不用意に敵のジャングルに入る
ジャングルに入る為に歩く分、相手は経験値を稼いでいます。つまり相手のほうが強い

3.体力が少ない序盤にファームを続ける
知ってますか……鳥ってね、しつこくつついてくるんですよ。えぇ、死ぬまで

4.コントロールワードを買わない
ワードは神です。疑問を感じてはなりません。75円を奉納するのです……。

5.1vs1で敵のタワーまで突っ込む
相手が状態異常技を持っている場合、タワー下で焼かれます。味方を呼ぶのが最善

6.敵のジャングラーを見て見ぬ振りする
1分後そこにはギャンクを受けてキルされているマークスマンの姿が! 教えたげて!

7.ドラゴン前のワードを見て見ぬ振りする
壊しておきましょう。敵チームに優位を譲ってはいけません

8.おいしそうな獲物を見つけたので突っ込む
暗闇(ワードがなくて見えない場所)には常に敵がいると思いましょう。仲間を呼べば安心です。

poppy「特に最後のは、ジャングラーじゃなくても気を付けたいな。
一キル取るために突っ込んで倒されたら目も当てられない……悔しい思いはばねになるけど、純粋に恥ずかしかった……」

おわりに

poppyジャングラーは難しい。これは事実だ。すべてを語りつくすために、あと何文字書けばいいか。
けれど、奥深いということは味わい深いということだ。難しいということは成し遂げられるということだ」

ジャングラーをすることで、『ギャンクされやすい戦い方』『ギャンクされない戦い方』を学べます。
レーンでしか戦わないぜ! という人も、やってみると新しい世界への扉が開けるかもしれません。

poppy「次回は、How to Winをテーマにしている。今のうちに軽く内容を出すと、
1・質で勝つ為に〜レーン戦とは
2・数で勝つ為に〜集団戦とは
の二つを軸に据えて行う予定だ。楽しみにしていてくれ。それでは次回!」


コメント

コメントはありません。 コメント/初心者向け/LoL PvP講座集/第四回 

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「Shift」+「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。


スポンサードリンク